サイトメニュー

意外と知らない基礎知識

女性

働く人は知っておこう

傷病手当というとイメージとしてはまず、外傷などが考えられる。例えば、工事作業中などに怪我をしてしまうという場合などが一般的です。しかし、うつ病などの精神疾患にも適用されるのです。ただ、精神の疾患にも適用されると言っても、単に気分が悪いなどで適用されるわけではないのはもちろんです。そこで、うつ病の傷病手当支給基準について見ておきます。医師の診断を傷病手当金の申請書類に記載してもらう必要がありまます。ただし、傷病手当金以上の報酬を受けている場合などには、そもそも必要が無く認められませんので注意が必要です。それと社会保険の健康保険加入者であることが必要です。国民健康保険加入者では申請できないので気を付けて下さい。更に、4日以上仕事に就くことができないことや、休んだ期間の給与の支払いがないことも必要です。国民健康保険加入者では認められないのは、傷病手当は労働者に認められる権利のためです。また、4日以上仕事に就くことができないというのは、連続した3日については手当が支給されないということです。

条件を満たした場合でも無期限で傷病手当の支給が認められるわけではなく、最長でも1年6か月までしか認められません。また、うつ病などの精神疾患は同一のものとみなされることが多いため、期間の算入について注意することです。また、休職の制度は法律上の制度ではなく各企業について認められているものですので、自分の会社について調べておかなければなりません。退職者については、最終勤務日に就労してしまうと支給を打ち切られることになってしまうので気を付けてください。半日出勤でも同様に、就労したものとみなされます。退職者については退職時に支給の条件を満たしておく必要があるためです。ただ、うつ病などで傷病手当を受ける場合には、そもそも会社が原因となっていることが多いと考えられます。そこでそのような場合には会社と相談し、環境の改善が難しいと判断された時には、退職について考えてみるというのも良いです。傷病手当の受給が可能な1年6か月はそのようなことを考える期間でもあるのです。

Copyright© 2019 病気や怪我で仕事が出来なくなった際の支えとなる制度 All Rights Reserved.