サイトメニュー

休職時の支え

女性

受給の為のステップとルール

傷病手当金は、仕事の業務外の状況で病気や怪我を負い、それが基で働けなくなった場合に受給可能となるシステムですが、うつ病の場合にも条件を満たせば、受給が可能です。傷病手当金は、うつ病が原因で働けなくなり収入が途絶えた場合の生活の支えとなり、復職のアシストとなるシステムですが、気を付けるべきポイントもあります。まずは、申請の為には勤務先が勤務日数や給与の支払い状況を記入する必要があり、出勤簿や賃金台帳のコピーなどの書類添付が必要となる点です。うつ病のような精神的障害の場合、勤務先とのやり取りも精神的負担となる場合も有りますが、これをクリアしなければ申請のスタートラインに立てません。もう一つは、傷病手当金の受給期間は1年6ヶ月と定められていますが、受給期間終了後に復職したものの、うつ病の再発で休職を余儀なくされた場合に傷病手当金の受給が出来ないケースがある事です。これは、医療機関で同一の傷病とで診断されたケースでは、既に受給期間が終了した終わったものと判断され、傷病手当金が支給されないというルールがあるからです。

傷病手当金は、うつ病が原因で休職を余儀なくされた期間に生活を支え、復職をアシストしてくれるシステムです。傷病手当金の受給対象者となるのは健康保険の加入者で、うつ病が原因となり療養中であり仕事が出来ない状態である事。連続する3日を含んで4日以上の期間仕事を休業士、尚且つ、休業期間中に給料の支払いがない事が条件となります。傷病手当金は企業や団体などに従事する人が対象となるシステムであり、健康保険協会、健康保険組合、共済組合から支給される為、自営業者など国民健康保険加入者は対象外となります。申請書類は健保協会に提出する必要がありますが、うつ病により仕事が出来ない状態である事を記載してもらい証明してもらわなければなりません。次のステップは申請書類を勤務先に提出し、休業期間中に給料が支払われていない事を証明する内容を、記載してもらわなければなりません。ここまで取り付けた後、健保協会へ提出し受理されれば1ヶ月ほどで傷病手当金が支給される事になります。

Copyright© 2019 病気や怪我で仕事が出来なくなった際の支えとなる制度 All Rights Reserved.